ルナメアAC 成分

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ルナメアACの成分を製品ごとにチェック!



ルナメアACは【洗顔料、化粧水、ジェルクリーム】の3つの内容から構成されているフイルム会社独自の大人ニキビケア商品です。

富士フイルムの公式サイトにはその製品ごとに、それぞれ成分が公開されています。安全性を確認するうえで成分のチェックは欠かせませんから以下に分かりやすくまとめておきました。特に肌荒れなどを起こしやすい方は参考にされるとよいと思います。


ルナメアACファイバーフォーム【洗顔料】



ルナメアACファイバーフォームはもちもちの泡立ちで、肌をやさしく包み込みながら、「ファイバースクラブ」がニキビの原因となる毛穴のつまりをやさしく絡めとります。また、「フランス産のクレイ」が余分な皮脂を吸着します。キュキュッとつるつるの洗い上がりにしてくれるのです。

洗浄力が強い洗顔料は従来、殺菌剤などが配合されていましたが、このファイバーフォームには配合されていないのです。これは今まで肌の刺激の強い洗顔料に悩まされてきた方にとって大きな魅力になるはずです。

また、@cosmeの口コミランキングでも洗顔部門1位や、All Aboutの洗顔料大賞を獲得するなどの確かな実績もある製品なのです。

【ルナメアACファイバーフォーム:配合成分】
グリセリン、水、ミリスチン酸、水酸化K、パルミチン酸、ステアリン酸、PEG-32、PEG-6、ラウリン酸、グリコシルトレハロース、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリセリル(SE)、グリチルレチン酸ステアリル、酢酸トコフェロール、トコフェロール、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、ビルベリー葉エキス、ヒオウギエキス、アーチチョーク葉エキスカオリン、結晶セルロース、加水分解水添デンプン、BG、ソルビトール、塩化Na、PEG-150、ステアレス-13、ポリクオタニウム-7、イソステアリン酸フィトステリル、カラメル、エタノール、オレイン酸Na、酸化チタン、酸化鉄、EDTA-2Na、銅クロロフィリンNa、メチルパラベン

※赤文字が角質をきれいに除去する洗浄成分で、青文字が肌に潤いを与える保湿成分です。

肌荒れを起こす原因になるサリチル酸やイソプロピルメチルフェノールなどの殺菌成分が配合されておらず、無香料、合成着色料不使用なので肌に優しい配合になっているのです。また、ニキビのもとになるコメドを抑えるノンコメドジェニックテスト済だそうです。


結晶セルロース(ファイバースクラブ)
成分中にある結晶セルロースはファイバースクラブのことを言います。簡単に言うと、超微粒子の洗浄成分を指し、糸状の繊維のため、圧力がかかっても変形し、肌を傷つけません。ファイバースクラブの太さは10〜50μm(マイクロメートル)で、毛穴(平均54μm)より細いため、毛穴上部にもぐりこんで角栓や毛穴つまりを絡め取ります。毛穴内の皮脂が排除され、ニキビの原因が減り、ニキビを防ぎます。

使用したときにモチモチの泡で包み込むという口コミが多いのですが、まさにそれがこのファイバーフォームで毛穴の汚れを包み込んでいる状態です。従来の固形洗顔料の「ザラザラした」とか「摩擦が気になる」などが解消され肌に優しいことが感触でもわかるくらいです。

カオリン(フランス産クレイ)
一方、成分中のカオリンと言うのはフランス産クレイのことで、繊細な穴を多数持つ天然の泥のことを指します。余分な皮脂や汚れを吸着して、うるおいは残しながら、すっきりと洗い上げます。

なぜ天然の泥が肌に良いかというと、合成界面活性剤が配合されていないので、肌の保湿に必要な皮脂まで取りすぎてしまうなどの心配がないことです。最近では海外のセレブがこの泥パックで美容していることがテレビなどで放映されていますが、まさにそんなイメージです。

従来の洗顔料だと肌にツッパリ感が出てしまうという方には、おすすめの成分かもしれません!

ルナメアACスキンコンディショナー【化粧水】



ルナメアACスキンコンディショナーは「アクネシューター」をシリーズ最高濃度で配合しています。肌をうるおしながら、有効成分がニキビを予防くれます。

このスキンコンディショナーには「ノーマルタイプ」「しっとりタイプ」の二通りがあります。特徴としてはノーマルタイプは普通肌〜やや乾燥肌の方におすすめで、しっとりタイプは乾燥肌や冬の空気が乾燥する時期などには良いと思います。

ちなみにですが化粧品ではありますが、「医薬部外品」ということで有効成分が記載されて、一定量その有効成分が含まれていることを意味しているのです。ですから、普通の化粧品よりも毛穴の汚れや大人ニキビに効果が期待できるのです。

【ルナメアACスキンコンディショナー:配合成分】
有効成分:トコフェロール酢酸エステル、グリチルレチン酸ステアリル
その他の成分:天然ビタミンE、セイヨウナシ果汁発酵液、ビルベリー葉エキス、ヒオウギ抽出液、アーティチョークエキス、濃グリセリン、スクワラン、大豆リン脂質、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ミリスチン酸オクチルドデシル、ミリスチン酸デカグリセリル、サラシミツロウ、親油型モノステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、メチルフェニルポリシロキサン、ステアロイルグルタミン酸Na、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、オレイン酸ポリグリセリル、エタノール、無水エタノール、水酸化Na、フェノキシエタノール

※赤文字が角質をきれいに除去する洗浄成分で、青文字が肌に潤いを与える保湿成分です。

やはりこちらも殺菌成分や香料、さらに合成着色料などの肌荒れになる原因となる成分は配合されていませんでした。


アクネシューター
富士フイルムの独自成分「アクネシューター」はニキビ予防有効成分グリチルレチン酸ステアリルを独自技術でナノ化し、3つのうるおい成分(天然ビタミンE、大豆リン脂質、グリセリン)とミックスした成分のことを言います。

この成分はニキビや肌荒れに効果で脂に溶けやすい特徴を持っているのですが、一方で水に溶けにくいというデメリットも持っていたのです。そのため従来のスキンケア製品では使用することができなかったのです。

富士フイルムの高いナノテクノロジーだからこそ、この有効成分と複数の保湿成分とを安定的に保つことができるようになったのです。
これこそフイルム会社が提供するスキンケア商品の集大成と思言えるものではないのかと思います!!


ルナメアACジェルクリーム【ジェルクリーム】



ルナメアACジェルクリームは新開発「アクネシューター」配合のみずみずしいジェル状クリームです。ジェルでもベタつきを抑えサラッとした仕上がりなのに、うるおい長時間キープできます。

ボトルの中身が減ってくるとボトルの底が押し上げられっる仕組みにもなっているので最後まできっちり使い切れるのもありがたいところです。使用感がさっぱりして、特有の香りなどがないシンプルなものが好きな方にはおすすめだと思います。

ちなみにですがこちらもコンディショナー同様に「医薬部外品」なので、有効成分が記載されていています。

【ルナメアACジェルクリーム:配合成分】
有効成分:トコフェロール酢酸エステル、グリチルレチン酸ステアリル
その他の成分:天然ビタミンE、セイヨウナシ果汁発酵液、ビルベリー葉エキス、ヒオウギ抽出液、アーティチョークエキス、濃グリセリン、スクワラン、大豆リン脂質、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ミリスチン酸オクチルドデシル、ミリスチン酸デカグリセリル、サラシミツロウ、親油型モノステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、メチルフェニルポリシロキサン、ステアロイルグルタミン酸Na、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、オレイン酸ポリグリセリル、エタノール、無水エタノール、水酸化Na、フェノキシエタノール

※赤文字が角質をきれいに除去する洗浄成分で、青文字が肌に潤いを与える保湿成分です。

こちらも殺菌成分や香料、さらに合成着色料などの肌荒れになる原因となる成分は配合されていませんでした。有効成分はジェルクリームはコンディショナー同様に「アクネシューター」が配合されているようです。気になる方はもう一度、コンディショナーの内容を確かめてみらえればと思います。


ルナメアAC1週間お手入れキット



【関連記事】

ルナメアACの口コミ【まとめ】

  このエントリーをはてなブックマークに追加