ルナメアAC 化粧水

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ルナメアACのスキンコンディショナー(化粧水)の使い方って!?

 

 

化粧水と言えば、洗顔後の素肌に、まず一番につける基礎化粧品ですよね!

 

洗顔後のお肌は、保湿に必要な成分や油分も汚れと共に落とされてしまった不安定な状態です。ここに、化粧水ですかさず水分と保湿成分を補うことで、お肌に潤いを与え、続く美容液なども浸透しやすい状態に整えます。

 

つまり、化粧水の効果は、お肌を保湿して、キメを整えることですが、その化粧水にも正しい使用方法があるのは言うまでもない事です。ルナメアACスキンコンディショナー(化粧水)も正しい使い方をしたいところです。

 

 

ルナメアACの化粧水 「手のひら」、「コットン」のどちらが良いの!?

 

 

化粧水の効果的な使い方

化粧水を付けるのに、多くの方が「手のひら」か「コットン」のどちらかを使っていると思います。どちらにも一長一短があり、これがベスト!と必ずしも言い切れないのですが、効果的な使い方を少しご紹介します。

 

【手のひらで化粧水を使用する場合】
まず、手のひらを使う場合、コットンよりもお肌への刺激が小さく、手の温もりで自然と毛穴が開き浸透しやすいというメリットがあります。但し、デメリットとしては、コットンに比べ、ムラなく十分に浸透させることが難しいといえます。

 

【コットンで化粧水を使用する場合】
逆に、コットンを使う場合、優しくパッティングしても手のひらに比べると多少お肌へ刺激を与えてしまいますが、ムラなく十分に浸透させることができます。コットンには、ケチらずたっぷりと化粧水を含ませることも大切です。

 


どちらの場合も、洗顔後、できるだけ時間を空けずにケアすることと、「パッティング」といってもパチパチはたくのはNGです。
優しく押さえてじっくり馴染ませるというのがポイントです。そして、特に乾燥しがちな目元や口元には、たっぷり化粧水を含ませたコットンをのせて5分くらい放置するというのも、効果的です。

 

 

ルナメアACの化粧水 間違った使用例とは!?

 

 

ここでは、あえてやってしまいがちな化粧水の間違った使用方法を紹介しておきます。意外と知らない方が多かったみたいなので、すでに化粧水を使用している方は参考にしてください!

 

 

化粧水をつけるときに手でたたく→赤ら顔・シミの原因に

肌を引き締めるために、化粧水をつけた後たたき込もうとする人がいますが、実際は肌をたたいても全然意味がありません。むしろ肌への刺激で赤ら顔になったり、シミができてしまいます。
また、コットンで基礎化粧品をつける人もいますが、コットンはどんなに上質なものであったとしても、繊維が肌に小さな傷をつけてしまうと言われています。基礎化粧品は手で優しく肌になじませるようにしましょう。

 

 

化粧水だけは毎日つける!→かえって肌が乾燥する

どんなに仕事から疲れて帰ってきても、肌のために必ず毎日欠かさず化粧水だけはつけるという人がいます。しかし実際は、スキンケアが面倒ならば、美容液か乳液、保湿クリームだけをつける方が良いのです。
なぜなら化粧水自体には保湿効果がなく、水を与えているだけの状態だからです。たとえ化粧水をたっぷりつけたり重ね塗りしたとしても、肌を守ることにはなりません。

 

 

ルナメアAC1週間お手入れキット

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加