ルナメアAC 泡立てネット

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ルナメアACのファイバーフォーム どうやってモチモチ泡にするの!?

 

 

ルナメアACのファイバーフォームは言うまでもなく洗顔料ですが、皆さんは詳しい使用方法を知っているでしょうか?

 

ルナメアACの公式サイトにもモチモチの泡が掲載されていますが、いったいどうやったらそんな風になるのか気になるところです。私もルナメアACを使用していて気が付いたのですが、

 

そのようなモチモチ泡にするには、”泡立てネット”が必要になってくると言う事です!!

 

そこで私なりにですが、モチモチ泡を作るために泡立てネットをどのように使ったらよいのかを詳しく調べてみました。R通販サイトでルナメアACを購入すると泡立てネットが無料でプレゼントしてくれますので参考にしてください(`・ω・´)ゞ

 

 

ルナメアAC 泡立てネットをどのように使うの!?

 

先ずは、泡立てネットの使い方を知ってもらうのに、動画が用意されていたので、以下を見てもらえればすぐに使い方が分かるかと思います。

 

 

【ご使用方法】
使用量の目安:約2.5cm
適量を手に取り、泡立てネットもしくは手で水を加えてよく泡立てます。泡で包むようにやさしく洗い、水かぬるま湯で十分に洗い流します。

 

動画を見たも分かるかと思いますが、泡立てネットを使用すると泡のきめがかなり細かくなります。私も手ではどうかなと思い試してみたこともあったのですが・・・・。

 

 

残ながらこのようにやや粗い泡立ちになってしまいました。
明らかに泡立てネットと手で泡立てるのでは泡のきめの細かさが違いますよね。肌を優しく包み込むためにもできるだけ細かい泡を作り出したいところでです(笑)

 

ちなみにですが、なぜ、ルナメアACファイバーフォームのモコモコ泡の正体は以下に記載していますので参考にしてください(^^)/

 

 

ルナメアACファイバーフォーム モチモチ泡の正体とは!?

 

 

ルナメアACファイバーフォーム(洗顔料)特徴成分 

 

【ファイバースクラブ】
簡単に言うと、超微粒子の洗浄成分を指し、糸状の繊維のため、圧力がかかっても変形し、肌を傷つけません。
ファイバースクラブの太さは10〜50μm(マイクロメートル)で、毛穴(平均54μm)より細いため、毛穴上部にもぐりこんで角栓や毛穴つまりを絡め取ります。毛穴内の皮脂が排除され、ニキビの原因が減り、ニキビを防ぎます。

 

使用したときにモチモチの泡で包み込んでいる状態が、まさにそれがこのファイバーフォームで毛穴の汚れを包み込んでいるのです。従来の固形洗顔料の「ザラザラした」とか「摩擦が気になる」などが解消され肌に優しいことが感触でもわかるくらいです。

 


 

⇒ 今なら泡立てネット付き!ルナメアAC1週間お手入れキット1,000円+税

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加