ルナメアAC 男性

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ルナメアACは男性の肌にも効果あり!?

 

 

ルナメアACは大人ニキビなどの肌トラブルに効果がありますが、その肌トラブルと言うのは女性だけの悩みとは言えませんよね。
私の知り合いの男性(20代)もニキビができてなかなか治らないと嘆いていましたし・・・(;^ω^)

 

そこで、ルナメアACが男性の肌にも効果があるのか!?

 

このような事が気になり調べてみることにしました。男女の肌質の違いを比較し、その違いからルナメアACの効果があるかを詳しく検証していこうと思います。

 

以下は、私の調べて限りなので参考になるはずです!!

 

 

そもそも男性と女性の肌質の違いとは!?

 

男性の肌と女性の肌には以下の3つの大きな違いがあります。

 

  • 皮膚の厚み
  • 皮脂分泌量の差
  • 水分量の差

 

基本的な構造は同じですがこの3つが異なっているので、それぞれピックアップしていくことにしましょう!

 

 

皮膚の厚みが男女では違う!

女性の皮膚に比べて男性の皮膚は厚みがあります。皮膚は薄いほどキメが細かく柔らかくなり、厚みがあるほどキメが粗く硬くなる特徴があります。肌のキメが粗くなっていると毛穴が目立ってしまったり、肌がザラザラした手触りになってしまいます。これにより肌荒れをしているように見えたり、老けた印象を与えることになってしまいます。

 

皮膚に厚みがあることで男性のほうが紫外線などの外的なダメージには強く、女性のほうが大きく影響を受けます。シミ、そばかすといった外的要因による肌のダメージを受けにくい男性ですが、日焼け止めやスキンケアなしでは防ぎきることはできないため注意が必要です。

 

 

皮脂分泌量によって生まれる差

男性の皮脂分泌量は女性の約3倍ほどだと言われています。また皮脂分泌量が10代〜50代になるまであまり変化がないため、肌がテカる、ベタベタするといった悩みが長期間にわたり継続します。

 

特におでこから小鼻当たりまでのTゾーンは他よりも多くよりベタつきが目立ちます。水分が蒸発しにくく潤いを保つために分泌されている皮脂ですが過剰に分泌されてしまうと不潔な印象を与えるだけでなく皮膚炎や吹き出物などの原因になってしまうことも多いため注意が必要です。

 

 

水分量の違いによって生まれる差

男性と女性では肌に含まれている水分量に大きな差があります。男性の肌に含まれる水分量は女性に比べて50%以下です。水分がなくなり乾燥することによって、シワやたるみができやすくなってしまいます。

 

干ばつした土地と同じように肌も水分がなくなってくるとひび割れ、そこがシワの原因になってしまいます。また男性の肌の場合は水分がなくなり乾燥していくとより皮脂を分泌するようになってしまいます。これは少なくなってしまった肌の水分を守ろうとして皮脂の過剰分泌をひき起こすよくある原因の1つです。

 

脂性に悩んでいる人が洗顔ばかりををしても治らない原因はこの肌の仕組みによるものです。洗うことにより皮脂を落としても水分が補充されず、むしろ乾燥を進めてしまうため皮脂がより過剰に分泌される悪循環になってしまうのです。

 

 

結局、ルナメアACは男子に効果的なの!?

 

 

肌のキメ、皮脂量、水分量の3つが男女の肌の違いを作ります。外からのダメージに強い特徴がある男性の肌ですが、乾燥や脂性にといった肌トラブルが起きやすかったり、毎日のヒゲソリによるボロボロになってしまう口周り、Tゾーンには皮脂が大量に出てしまうなど無頓着に放置してしまうと様々な問題も抱えています。

 

つまり男性の肌でも・・・。
余分な皮脂を洗顔で落とすこと、その後保湿をしっかりすることは大切です!!

 

ルナメアACはモチモチ泡で余分な皮脂を落とし、なおかつ、保湿もあり緒言う口コミが多いのです。当然、女性だけでなく男性にも効果は期待できるのです。もしですが、気になる方は以下のルナメアACの公式サイトを確かめるのも良いでしょう!

 

 

大人ニキビケア用化粧品!ルナメアAC1週間お手入れキット1,000円+税

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加