ルナメアAC 毒性

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ルナメアACって、本当に安全な成分なの!?

 

 

ルナメアACって、口コミでも肌に優しいと言う事で評判ですが、本当に”毒性”ってないのか気になりますよね(笑)
もしかしたら、意外と知られていな肌荒れの原因成分が配合されているのではないかなんて、私なんかついつい、疑心暗鬼になってしまうんです・・・(;^ω^)

 

そこでですが、実際にルナメアACの成分から、その”毒性”と言うよりも、安全性が大丈夫かと言う視点で調べてみようと思います。もしですが、この記事を見ている方の中にも敏感肌・乾燥肌の方もいるでしょうから参考にしてもらえればと思います。

 

 

ルナメアACの成分から”毒性判定”してみると!?

 

 

【ルナメアAC ファイバーフォーム(洗顔料の場合】
グリセリン、水、ミリスチン酸、水酸化K、パルミチン酸、ステアリン酸、PEG-32、PEG-6、ラウリン酸、グリコシルトレハロース、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリセリル(SE)、グリチルレチン酸ステアリル、酢酸トコフェロール、トコフェロール、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、ビルベリー葉エキス、ヒオウギエキス、アーチチョーク葉エキス、カオリン、結晶セルロース、加水分解水添デンプン、BG、ソルビトール、塩化Na、PEG-150、ステアレス-13、ポリクオタニウム-7、イソステアリン酸フィトステリル、カラメル、エタノール、オレイン酸Na、酸化チタン、酸化鉄、EDTA-2Na、銅クロロフィリンNa、メチルパラベン

 

このような感じで、特に毒性があるわけではないのですが、正直、よく分からないですよね・・・。
実際にルナメアACが安全であることを証明するであろう成分の内容もいくつかありましたので以下にその一例を載せておきます。以下の内容だけでも、いかにルナメアACが成分にこだわって開発されているのかが分かるはずです。

 

 

潤いたっぷりのハーバルモイストエキス配合!

 

 

従来の成分ではオイル成分で肌に蓋をするように肌の水分を逃げないようにするのが一般的でした、ですが、このような場合は毛穴を塞ぎ肌の荒れを進行してしまいかねなかったのです。

 

ですが、ルナメアACではセイヨウナシ果汁発酵液、ヒオウギエキス、ビルベリー葉エキス、アーチチョーク葉エキスなど植物由来の天然成分が肌を優しく包み込み、乾燥した肌に潤いをもたらします。

 

 

殺菌剤不使用で、肌を傷つけずに済みます!

 

 

従来の洗顔料では殺菌剤(スクラブ)を使用し、肌に付着したニキビの原因になるアクネ菌を除去しようとするのが一般的です。ですが、この場合、肌をゴシゴシ擦るとその殺菌成分で肌が痛められ、かえって肌荒れをしてしまう可能性があったのです

 

ルナメアACは超微粒子の洗浄成分をであるマイクロファイバースクラブを配合しています。糸状の繊維のため、圧力がかかっても変形し、肌を傷つけません。ファイバースクラブの太さは10〜50μm(マイクロメートル)で、毛穴(平均54μm)より細いため、毛穴上部にもぐりこんで角栓や毛穴つまりを絡め取ります。

 

 

ルナメアAC1週間お手入れキット

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加