ルナメアAC 効果なし

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ルナメアACの効果なしの真相って!?

 

 

ルナメアACの各製品を使ったユーザーの口コミを見ていくと、たまにですが”効果なし”という気になる内容があります。ルナメアACと言えば、富士フイルムの独自のナノ技術が盛り込まれた製品ですから効果も期待してよいはずなのにどうしてか??

 

私はルナメアACを使用してすぐに肌のハリが良く艶が良くなった気がしましたので、効果なしではなかったのです。ですが、やはりそこはまだ使っていない方にとっては、知っておきたいところではと思います!!

 

以下に私なりにですが、これがルナメアACの効果なしの原因ではと言う内容をまとめておきました(=゚ω゚)ノ

 

 

ルナメアACは3ヵ月以上使う事で、効果が出やすくなります!

 

 

この記事を見ている皆さんは「ターンオーバー」と言う言葉を知っているでしょうか??

 

ターンオーバーと言うのは、簡単に言えば肌の代謝機能の事を言います。肌の内部でできた細胞がだんだんと肌の表面に出てきて、さらに劣化して剥がれ落ちるまでの過程の事をさします。

 

基本的にこのターンーバーと言うのは、体の部位や年齢に関係していて年齢別にその周期をまとめてみると・・・。

 

【年齢別ターンオーバーの周期】
10代 ・・・ 約28日
20代 ・・・ 約30日
30代 ・・・ 約40日
40代 ・・・ 約55日
50代 ・・・ 約75日
60代 ・・・ 約100日

 

このような感じで、肌のターンオーバーが完了するには、私の場合は20代後半ですので1カ月以上かかる計算になるのです。この期間にルナメアACを使用すると、「効果なし」、「肌が荒れた」などの副作用と勘違いされることがあるのです。

 

このターオーバーの整うまでの時期にルナメアACを使用する事で、肌を正常な状態の戻そうと働きかける事があります。この時点では目で見て効果が分かりにくかったり、肌質が改善しているのを副作用と勘違いするケースもあると言う事です。

 

ですので、本当にルナメアACの効果を期待したのであれば、3ヵ月くらいは使い続けたいところです!!

 

副作用と勘違いされやすい好転反応!?
肌のターンオバーが完了するまでの間に、スキンケアをするとまれに肌が「肌が赤くなる」「肌にかゆみが出てきた」「赤いぷRつぷつができた」な度の副作用が出たという報告があります・・・(。´・ω・)?

 

でもこれは副作用ではなく”好転反応”と言われる症状なのです!!

 

好転反応と言うのは、肌が荒れアルカリ性に傾いて弱った肌質を、正常なじょあく賛成の肌質に戻そうとする働きの事を言います。つまり、肌が改善するための症状なので、副作用ではないと言う事です。

 

これは特に敏感肌の方に多い症状なので、もし該当している方は覚えておくと良いでしょう(・∀・)b

 

とは言え、本当に肌質に合わないという方も中に入るかもしれませんから、ルナメアACを初めて使う方は「1週間お試しセット」を使って継続していけそうか判断するのが賢明かと思います。

 

 

大人ニキビケア用化粧品!ルナメアAC1週間お手入れキット1,000円+税

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加